TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

「川床(かわどこ)」と「床(ゆか」の違いを知っていますか?

川床で愉しむ、京都「夏の美食」5選

京都の夏の風物詩、川床。5月ごろから9月ごろまでの間、鴨川、貴船などの川沿いに、料理店の座敷が設けられます。貴船など北エリアでは川の流れの近くにつくられる席を「川床(かわどこ)」といい、対して、街中の木屋町や先斗町などで高瀬川上に設けられる高い客席を「床(ゆか)」と呼んでいます。
 
市内から約1時間ほど離れた貴船は、街中に比べマイナス7~8度の避暑地。貴船の川床でいただけるのは、鮎や岩魚など川魚をメインにした会席料理です。水面ぎりぎりに張り出すようびしつらえられた川床は、居るだけで涼やか、山の景色も楽しみです。一方、先斗町や木屋町といった繁華街にある床では、老舗から新店まで数多く揃い、出される料理もバラエティ豊か。豊かな自然で涼を感じる貴船の「川床」、多彩な飲食店が軒を連ねる鴨川の「床」、京都の二大川床で、一度は行っておきたい名店をご紹介いたします。

5/5

05

 

【あと村】素材を生かした本格割烹が肩ひじ張らずに楽しめる  

木屋町通りを四条から南へ歩いた鴨川沿いに店を構える「あと村」は、奇をてらわない料理と誠実なもてなしで人気の割烹。独自のスタイルで楽しませてくれる一軒として地元客で常に賑わいます。春は鯛、夏は鱧、秋は松茸、冬は蟹と、旬の素材をたっぷり使い、その持ち味を大切に仕上げられた料理は、素直に「おいしい!」と感じられるものばかり。特に女性に人気なのが、お昼の籠盛り弁当。出汁巻きや鴨ロース、海老の旨煮のほか旬の野菜を使ったお料理がぎっしり詰まっていて、どこから手を付けようかと迷うほど。ちょっと特別な日のランチにぴったりです。

2016年06月29日掲載

あと村

素材を生かした本格割烹が肩ひじ張らずに楽しめる

 木屋町通りを四条から南へ歩いた鴨川沿いに店を構える「あと村」は、奇をてらわない料理と誠実なもてなしで人気の割烹。独自のスタイルで楽しませてくれる一軒として地元客で常に賑わいます。春は鯛、夏は鱧、秋は松茸、冬は蟹と、旬の素材をたっぷり使い、その持ち味を大切に仕上げられた料理は、素直に「おいしい!」と感じられるものばかり。特に女性に人気なのが、お昼の籠盛り弁当。出汁巻きや鴨ロース、海老の旨煮のほか旬の野菜を使ったお料理がぎっしり詰まっていて、どこから手を付けようかと迷うほど。ちょっと特別な日のランチにぴったりです。

あと村の詳細をみる

2016年06月29日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ