TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

「川床(かわどこ)」と「床(ゆか」の違いを知っていますか?

川床で愉しむ、京都「夏の美食」5選

京都の夏の風物詩、川床。5月ごろから9月ごろまでの間、鴨川、貴船などの川沿いに、料理店の座敷が設けられます。貴船など北エリアでは川の流れの近くにつくられる席を「川床(かわどこ)」といい、対して、街中の木屋町や先斗町などで高瀬川上に設けられる高い客席を「床(ゆか)」と呼んでいます。
 
市内から約1時間ほど離れた貴船は、街中に比べマイナス7~8度の避暑地。貴船の川床でいただけるのは、鮎や岩魚など川魚をメインにした会席料理です。水面ぎりぎりに張り出すようびしつらえられた川床は、居るだけで涼やか、山の景色も楽しみです。一方、先斗町や木屋町といった繁華街にある床では、老舗から新店まで数多く揃い、出される料理もバラエティ豊か。豊かな自然で涼を感じる貴船の「川床」、多彩な飲食店が軒を連ねる鴨川の「床」、京都の二大川床で、一度は行っておきたい名店をご紹介いたします。

4/5

炊き合わせを夏らしくガラスの器に盛り付ける。

03

 

【幾松】明治維新の志士たちを思い、川風に吹かれる  

幕末から明治にかけて活躍した維新の志士、桂小五郎と、後に夫人となる芸者・幾松が、かつてこの場所に暮らしていたことにその名を由来する、料理旅館「幾松」。この二人も見たであろう鴨川の景色や大文字山、東山の風景なども、夏季には涼風穏やかな納涼床から見ることができます。京都の伝統野菜や近海ものの魚を使った正統派の京料理を軸に、好みや趣向に合わせて組み立てられた会席は、彩り美しく、気品ともてなしの心に溢れたもの。器は清水焼をはじめ、長州藩ゆかりの萩焼など、趣ある品々がその場その場に応じて出されます。

2016年06月29日掲載

幾松

明治維新の志士たちを思い、川風に吹かれる

 幕末から明治にかけて活躍した維新の志士、桂小五郎と、後に夫人となる芸者・幾松が、かつてこの場所に暮らしていたことにその名を由来する、料理旅館「幾松」。この二人も見たであろう鴨川の景色や大文字山、東山の風景なども、夏季には涼風穏やかな納涼床から見ることができます。京都の伝統野菜や近海ものの魚を使った正統派の京料理を軸に、好みや趣向に合わせて組み立てられた会席は、彩り美しく、気品ともてなしの心に溢れたもの。器は清水焼をはじめ、長州藩ゆかりの萩焼など、趣ある品々がその場その場に応じて出されます。

幾松の詳細をみる

2016年06月29日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ