TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

ちょっとした贈り物や返礼にもぴったり

ちいさな、可愛い「京の紙小物」

平安京の時代から官制の紙漉き場があったといわれる京都には、紙製品を扱うお店が数多くあります。愛らしい色柄のカードやぽち袋、レターセットなど、お土産にも、自分用にもたくさん手に入れたくなる品々を扱う名店をご紹介いたします。
 
>>職人の街京都で長年愛される名品たち。「プロやマニアが指名買い! 料理上手の愛用お道具」はこちら。 

1/7

写真の「青楓の型紙」(368円)のように、手紙や懐紙にあしらうアイテムも人気です。

01

 

【紙司 柿本】豊富な種類の紙から生み出される、秀逸なオリジナル小物  

江戸時代末期に創業した紙専門店「紙司 柿本」。京都市役所に近く、風情ある寺町通り沿いの店舗には、国産の生漉き紙や友禅紙など、数多くの和紙が並んでいます。洋紙類も、1枚から取り寄せることが可能です。また、「手染懐紙」(10枚788円)や季節の一筆箋(8枚735円)など、オリジナルの小物も充実。写真の「青楓の型紙」(368円)のように、手紙や懐紙にあしらうアイテムも人気があります。(※写真はイメージです)「紙を通して文化を創造する」を理念に掲げ、「言の葉大賞」を主催するなど、活動は和紙の販売だけに留まりません。 
 
 

2016年11月04日掲載

紙司 柿本

豊富な種類の紙から生み出される、秀逸なオリジナル小物

 江戸時代末期に創業した紙専門店「紙司 柿本」。京都市役所に近く、風情ある寺町通り沿いの店舗には、国産の生漉き紙や友禅紙など、数多くの和紙が並んでいます。洋紙類も、1枚から取り寄せることが可能です。また、「手染懐紙」(10枚788円)や季節の一筆箋(8枚735円)など、オリジナルの小物も充実。写真の「青楓の型紙」(368円)のように、手紙や懐紙にあしらうアイテムも人気があります。(※写真はイメージです)「紙を通して文化を創造する」を理念に掲げ、「言の葉大賞」を主催するなど、活動は和紙の販売だけに留まりません。

紙司 柿本の詳細をみる

2016年11月04日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ