TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

「かき氷激戦区」の京都でいま食べたい味

これぞ“究極のかき氷”!涼風を運ぶ京都の名店5選

京都は、老舗の和菓子店や甘味処が数多くあるせいか、かき氷激戦区であり、かき氷の聖地。近年、その勢いはますます増して、定番の味に加えてさまざまな趣向を凝らしたかき氷が登場しています。行列ができる花街きっての人気店による季節限定の味、ふわふわの天然氷を使ったチーズケーキフレーバー、果物を煮詰めた5種のシロップを自由にかけながらいただく老舗和菓子店の逸品など。蒸し暑い夏に、ひととときの涼風を運んでくれる絶品かき氷を味わってみてください。

3/5

ふんわりすっと溶ける氷が特徴。シロップは全5種類。

03

 

【二條若狭屋 寺町店】老舗和菓子店の京の氷と季節のシロップ  

明治時代から続く老舗和菓子店が2013年、寺町二条に開いた新店。2階には季節の生菓子とお茶のセットやかき氷が楽しめる茶房があります。一年中定番メニューのかき氷のなかで話題なのが、5種類のシロップを添えた「彩雲(さいうん)」。でこぽんやすいかといった季節の果物を煮詰めたシロップのほか、黒糖やべっ甲飴など懐しい味も。一緒にかけたり、別に味わったりと食べ方は自由。湧き水を凍らせた京の氷は絶品です。

2016年05月19日掲載

二條若狭屋 寺町店

老舗和菓子店が工夫した京の氷と季節のシロップ

明治時代から続く老舗和菓子店が2013年、寺町二条に開いた新店。「家喜芋(やきいも)」のほか、熱湯を注ぐと、とろりとした葛湯が出来上がる「不老泉(ふろうせん)」など、銘菓の販売は1階で。2階には、季節の生菓子とお茶のセットやかき氷が楽しめる茶房があります。一年中定番メニューのかき氷のなかで話題なのが、5種類のシロップを添えた「彩雲(さいうん)」。でこぽんやすいかといった季節の果物を煮詰めたシロップのほか、黒糖やべっ甲飴など懐しい味も。一緒にかけたり、別に味わったりと食べ方は自由。湧き水を凍らせた京の氷は絶品です。

二條若狭屋 寺町店の詳細をみる

2016年05月19日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ