TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

あの世界的アーティストが創造した「もてなし」を再現披露

【細見美術館】25もの床のしつらえが一堂に!杉本博司 趣味と芸術—味占郷

写真家であり、建築家であり、当代きっての古美術コレクターであり、能や人形浄瑠璃をはじめとする日本の伝統芸能のプロデュースも精力的に手がけるなど、多面的な活躍で知られる現代美術作家、杉本博司さん。杉本さんが婦人画報の連載で2年以上にわたって創造した25の床の間のしつらえを披露する展覧会「杉本博司 趣味と芸術—味占郷」が、6月19日(日)まで細見美術館で開催中です。
 
三十三間堂の千体仏を写した《仏の海》(1995)など、日本の伝統美を積極的に自身の写真作品に取り入れ、さらに自らコレクションした古美術品を自作と組み合わせたインスタレーションも試みるなど、現代美術の世界で古きものに新たな生命を注ぎ続けてきた杉本さん。京都における初の大規模な個展となる本展では、現代美術のスーパースターが日本の伝統的な美術鑑賞の場である「床」を舞台に創造した「もてなし」の真髄を堪能できます。

4/4

杉本さんの最新刊となる『趣味と芸術 謎の割烹 味占郷』

04

 

しつらえの背景を解き明かすストーリーが一冊に!  

会場のパネルには、杉本さん自らが綴った25のストーリーが。床飾りに用いられた美術品の解説、ゲストに供された料理の内容や、取り合わせを考案するにあたっての着想についてなど、しつらえの背景について解き明かしてくれます。婦人画報での連載をまとめた『趣味と芸術 謎の割烹 味占郷』は全国の書店で購入が可能なほか、会場でも販売されています。

2016年04月21日掲載

2016年04月21日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ