TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

あの世界的アーティストが創造した「もてなし」を再現披露

【細見美術館】25もの床のしつらえが一堂に!杉本博司 趣味と芸術—味占郷

写真家であり、建築家であり、当代きっての古美術コレクターであり、能や人形浄瑠璃をはじめとする日本の伝統芸能のプロデュースも精力的に手がけるなど、多面的な活躍で知られる現代美術作家、杉本博司さん。杉本さんが婦人画報の連載で2年以上にわたって創造した25の床の間のしつらえを披露する展覧会「杉本博司 趣味と芸術—味占郷」が、6月19日(日)まで細見美術館で開催中です。
 
三十三間堂の千体仏を写した《仏の海》(1995)など、日本の伝統美を積極的に自身の写真作品に取り入れ、さらに自らコレクションした古美術品を自作と組み合わせたインスタレーションも試みるなど、現代美術の世界で古きものに新たな生命を注ぎ続けてきた杉本さん。京都における初の大規模な個展となる本展では、現代美術のスーパースターが日本の伝統的な美術鑑賞の場である「床」を舞台に創造した「もてなし」の真髄を堪能できます。

3/4

美術館3階にある茶室「古香庵」。数寄屋建築の名匠、故中村外二棟梁の遺作。

03

 

写真作品も特別公開!茶室で拝見できる作品もあります  

しつらえの再現に加え、杉本さんの代表作である写真シリーズ《海景》からも1点作品が展示されます。さらに岡崎界隈の新緑と東山の峰々が一望できる美術館3階のエントランスフリーの茶室「古香庵」では、華厳滝を撮影しリトグラフにして軸装した《華厳滝図》(1997)、尾形光琳の《紅白梅図屏風》をデジタル撮影しプラチナプリントで原寸大に再現して話題となった《月下紅白梅図》(2014)を展示するというスペシャルな試みも(11時〜17時)。京菓子司「末富」製の季節の生菓子と、老舗茶舗「一保堂」のお抹茶を頂きながら鑑賞することもできます(有料、数に限りあり)。※作品保護の観点から《華厳滝図》《月下紅白梅図》の公開日時には制限があります。 お出かけの際には、必ず美術館のウェブサイト(http://www.emuseum.or.jp/)でスケジュールをご確認ください。

2016年04月21日掲載

2016年04月21日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ