TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

「祇園祭」が別名「鱧祭」と呼ばれる理由がありました

祇園祭の旬味、鱧。鱧料理の名店7選

京の夏、鱧と祇園祭はきってもきれません! 鱧は、梅雨の雨を飲んで旨みをますといわれており、梅雨が明けた7月から8月にかけて脂がのり、旬を迎えます。ちょうど祇園祭で賑わうこの時季がいちばんおいしいことから、祇園祭は別名「鱧祭」と呼ばれることも。京都の料理屋では、定番の酢みそや梅肉でいただく鱧落としや鱧寿司をはじめ、鱧しゃぶ、鱧丼など、名店による腕と個性が光る極上の鱧料理がそろいます。

2/7

鱧の焼き霜づくりを乗せた丼は甘辛いタレが食欲をそそる。パリッと焼いた鱧の皮の食感も香ばしいアクセントに。

02

 

【祇園 ろはん】厳選素材と確かな技で作る極上の定食  

格子戸を開くと、長く延びたカウンターが目に入り、凜とした雰囲気。京懐石の店かと思いきや、メニューにはすき焼きや魚の煮付け、豚のしょうが焼きなどをメインにした定食が並び、驚かされます。お酒に合う割烹的な一品もあれば、定食もあり。これまでの祇園になかった柔軟なスタイルが受け、開店して2年たった今も多くの人で賑わいます。脂身があっさりとした信州牛のイチボや_むほどに旨みが広がる丹波産のひね鶏など、素材を厳選。さらに「室町和久傳」や「菊乃井」で鍛えた料理長の杉澤さんの腕が加わり、極上の定食が楽しめます。定食のメインは単品でもオーダーでき、たらこの粕漬けやかさごの一夜干しといった肴も揃っているので、割烹のようにお酒と一緒に楽しむことも。「コースでいただくのはしんどい」「ふだんのご飯もおいしいものを」という女性にも対応してくれる店です。

2016年06月21日掲載

祇園 ろはん

厳選素材と確かな技で作る極上の定食

格子戸を開くと、長く延びたカウンターが目に入り、凜とした雰囲気。京懐石の店かと思いきや、メニューにはすき焼きや魚の煮付け、豚のしょうが焼きなどをメインにした定食が並び、驚かされます。お酒に合う割烹的な一品もあれば、定食もあり。これまでの祇園になかった柔軟なスタイルが受け、開店して2年たった今も多くの人で賑わいます。脂身があっさりとした信州牛のイチボや_むほどに旨みが広がる丹波産のひね鶏など、素材を厳選。さらに「室町和久傳」や「菊乃井」で鍛えた料理長の杉澤さんの腕が加わり、極上の定食が楽しめます。定食のメインは単品でもオーダーでき、たらこの粕漬けやかさごの一夜干しといった肴も揃っているので、割烹のようにお酒と一緒に楽しむことも。「コースでいただくのはしんどい」「ふだんのご飯もおいしいものを」という女性にも対応してくれる店です。

祇園 ろはんの詳細をみる

2016年06月21日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ