TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

店主の個性が光るこだわりの一杯を

コーヒー消費量1位の京都の街! コーヒーラバーおすすめの「珈琲の名店」8選

パン消費量1位の街に続き、日本で一番コーヒーを飲んでいる県庁所在地&政令都市として第1位となった京都市。京都と言えば煎茶や抹茶のイメージが強いですが、じつはコーヒー党の街でもあったのです。
 
1世帯あたりのコーヒー消費量の全国平均は、年間2,241グラムで購入額は5,315円。これに対して、京都の消費量は、年間3,330グラムでコーヒー購入額は7,588円で約1.5倍弱も! この調査では、インスタントコーヒーとコーヒー豆を対象とされていますが、仮にこれをインスタントコーヒーとすると、コーヒーカップ約4.5杯分にもなるそうです(総務省統計局 家計調査 平成23~25年より)。なるほど、街に老舗の喫茶店やカフェの名店がたくさんあるのも納得です。
 
全国的にも名を馳せる老舗の名喫茶もいまだ行列ができる人気ですが、一方で独自の焙煎方法や淹れ方で、趣向を凝らした個性ある一杯を提供する珈琲店がポツン、ポツンとふえてきました。そんなコーヒーマニアも唸る、最新の京都の珈琲店を厳選案内します。
 

2016年04月05日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ