TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

料理の腕前がワンランクアップ

プロやマニアが指名買い! 料理上手の愛用お道具

食文化の中心地・京都は、職人の技が生きる料理道具に出合える街でもあります。丈夫で扱いやすく、使えば使うほど味が出る“一生もの”も数多く、手にすれば、きっと料理の腕前を上げてくれるはず。

7/8

職人技から生まれる、写真の美しいおひつは48,000円。

07

 

【たる源】半年待っても手に入れたい、職人が一人で作る清らかなおひつ  

江戸末期、桶や酒樽づくりから始まり、やがて食器や花器に精密かつ繊細な技術を発揮してきた「たる源」。つなぎ目がほとんど見えない、まさに芸術品というべきおひつは、5代目が材料の調達から仕上げまでただ一人で行うため、半年待ちという受注生産。柾目(まさめ)が整然と揃った美しさに加え、触れてみるとその材の薄さに思わず息を飲みます。おひつを使う家庭が少なくなった今日ですが、こんなおひつがあれば、昔ながらの食習慣を新たに始めてみたくなります。職人技から生まれる、写真の美しいおひつは48,000円。
 
 

2016年11月04日掲載

たる源

半年待っても手に入れたい、職人が一人で作る清らかなおひつ

 江戸末期、桶や酒樽づくりから始まり、やがて食器や花器に精密かつ繊細な技術を発揮してきた「たる源」。つなぎ目がほとんど見えない、まさに芸術品というべきおひつは、5代目が材料の調達から仕上げまでただ一人で行うため、半年待ちという受注生産。柾目(まさめ)が整然と揃った美しさに加え、触れてみるとその材の薄さに思わず息を飲みます。おひつを使う家庭が少なくなった今日ですが、こんなおひつがあれば、昔ながらの食習慣を新たに始めてみたくなります。職人技から生まれる、写真の美しいおひつは48,000円。

たる源の詳細をみる

2016年11月04日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ