TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

京都 桜の聖地の名店10選

花見途中に立ち寄りたい。桜名所のカフェ&甘味処【円山公園~祇園編】

悠々たる姿の枝垂れ桜が咲き誇る円山公園を筆頭に、清水寺、高台寺界隈、白川沿いの新橋界隈など、風情ある街並みが続くこれらのエリアは京都随一の桜の聖地。お花見の前後に訪れたい、桜名所のカフェ&甘味処をセレクト。
 
>>花見途中に立ち寄りたい、桜名所のカフェ&甘味処【岡崎~銀閣寺編】
>>意外な京土産の新定番!「京都ショコラ」8選

3/10

七輪で焼き上げた餅が香ばしさを添える「京都ぜんざい」が人気。使用する餡は、最高級の丹波の大納言小豆を、3時間以上かまどで炊き上げたもの。

03

 

【かさぎ屋】二寧坂下、主人が手づくりする懐かしの味  

清水の二寧坂にある甘味処。1914(大正3)年の創業以来、ほとんど変わらないメニューともてなしにファン多数。大正時代の画家、竹久夢二も通ったといわれています。名物の「三色萩乃餅」は、つぶ餡・白小豆(夏はきな粉)・こし餡の3つの味を盛り合わせ。七輪で焼き上げた餅が香ばしさを添える「京都ぜんざい」も人気です。使用する餡は、最高級の丹波の大納言小豆を、3時間以上かまどで炊き上げたもの。手づくりのやさしい味と、店内の風情ある雰囲気に癒されます。炭火で焼いたお餅をのせて、青じその実の塩漬けを添えた京都ぜんざい650円はほっとする味。

2016年03月10日掲載

かさぎ屋

二寧坂下、主人が手づくりする懐かしの味

 清水の二寧坂にある甘味処。1914(大正3)年の創業以来、ほとんど変わらないメニューともてなしにファン多数。大正時代の画家、竹久夢二も通ったといわれています。名物の「三色萩乃餅」は、つぶ餡・白小豆(夏はきな粉)・こし餡の3つの味を盛り合わせ。七輪で焼き上げた餅が香ばしさを添える「京都ぜんざい」も人気です。使用する餡は、最高級の丹波の大納言小豆を、3時間以上かまどで炊き上げたもの。手づくりのやさしい味と、店内の風情ある雰囲気に癒されます。炭火で焼いたお餅をのせて、青じその実の塩漬けを添えた京都ぜんざい650円はほっとする味。

かさぎ屋の詳細をみる

2016年03月10日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ