TRAVEL GUIDE
編集部おすすめの京都

編集部おすすめの京都

人生の宝物に巡り合う時間

井浦 新さんが巡る、京都の本屋さん

本はインターネットでも簡単に手に入る今ですが、人が足を運ばずにはいられない本屋さんがあります。丁寧に選ばれた本が並び、それらが醸す豊かな空気感に包まれた居心地のいい空間。何より新しい世界の扉を開く宝物のような本たちが、物言わず潜んでいる場所なのです。井浦 新さんが、そんな本屋さんに、宝探しへと出かけました。

1/5

ジャケット シャツ パンツ(すべてts(s))

01

 

竹苞書楼  

京都には暮らしているように滞在しているという俳優の井浦 新さんが立ち寄ったのは、「立ち止まらずにはいられなかった」という風格ある店構えの古書店。店の前の「ばったり床机」には手に取りやすい美術書が積まれ、店内には稀少な彩色本も。

2013年10月03日掲載

竹苞書楼

建物も本の品揃えも 京都ならではの時代もの

創業は寛延年間。現在の建物も江戸時代のものという老舗の古書店。漢籍などの古書を読ませてもらいにここに通った富岡鉄斎による看板が残るように、かつては文人や学者が通った場所。現在は美術書を中心に揃え、特に琳派や南画の版本が充実しています。

竹苞書楼の詳細をみる

撮影/荒木大甫、伊藤信 スタイリング/上野健太郎 協力/匠文化機構 『婦人画報』2013年11月号「さぁ出かけましょう、本屋さんぽ」掲載 2013年10月03日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ