編集部おすすめの京都

エリア別の旅ガイド一覧

これは使える!と京都人にも好評なエリア分けが自慢の京都の観光ガイド。河原町・木屋町・先斗町、祇園・清水・東山、四条烏丸~五条、西院、御池・御所・二条城……。エリア別に京都人おすすめのスポット、日帰り&1泊2日の旅プランをご紹介。

河原町・木屋町・先斗町 祇園・清水・東山 四条烏丸~五条、西院 御池・御所・二条城 岡崎~銀閣寺 下鴨・出町柳・北白川
北山・鞍馬貴船・大原 西陣・北野天満宮 嵐山・嵯峨野・桂 京都駅・東山七条 伏見・山科・宇治ほか その他
すべてのエリア

    下鴨・出町柳・北白川 四条烏丸~五条、西院

    アーティスト・山口 晃氏の京都取材記

    京都の夏をどこよりもくわしく、美しく総力特集している『婦人画報』8月号。表紙および京都特集のアートワークを手掛けてくださったアーティストの山口 晃氏の取材密着リポートを、「きょうとあす」サイトだけで特別に公開します。

      河原町・木屋町・先斗町 祇園・清水・東山

      中谷美紀さん、永松仁美さんが歩く、祇園祭の京都 48時間

      祇園祭は山鉾巡行だけではありません。壮麗な行列に思いを馳せつつ、女優の中谷美紀さんと、「昂KYOTO」オーナーの永松仁美さんが、あえてこの折の静かな京都を旅します。

        四条烏丸~五条、西院 嵐山・嵯峨野・桂 祇園・清水・東山

        笹岡隆甫さんが提案する「お稚児さん目線」の京都・夏の旅

        祭の真ん中、鉾の上で巡行を経験した華道未生流笹岡家元・笹岡隆甫さん。祭に関わってきた人ならではの、親しみを込めた楽しみ方とは?

          嵐山・嵯峨野・桂 御池・御所・二条城 祇園・清水・東山

          妙心寺退蔵院・副住職 松山大耕さんが案内する、盂蘭盆(うらぼん)の京都

          喧噪に包まれるお盆のクライマックスから一転、涼に和む森閑とした寺院へ。静と動の祈りに満ちた8月の京都を、妙心寺退蔵院・副住職 松山大耕さんにご案内いただきます。

            嵐山・嵯峨野・桂 祇園・清水・東山

            千灯供養の夜と昼を歩く

            「何必館・京都現代美術館」でキュレーターを務める梶川由紀さんに、8月23日~24日に行われる「千灯供養」の時期の京都をご案内いただきました。祈りをこめた灯りが揺れるさまを見つめながら、暑かった京都の夏を見送ります。

              四条烏丸~五条、西院

              「木乃婦」の仕事

              新町通りに暖簾を出して70年余。仕出し、お弁当、会席、各種宴席と、さまざまな形で京都の人々の暮らしに寄り添う名店「木乃婦」。『婦人画報』2013年4月号から連載中の「木乃婦の仕事」から、シニアソムリエの資格ももつ3代目若主人・高橋拓児さんの仕事を辿ります。

                下鴨・出町柳・北白川 祇園・清水・東山

                井浦 新さんが巡る、京都の本屋さん

                本はインターネットでも簡単に手に入る今ですが、人が足を運ばずにはいられない本屋さんがあります。丁寧に選ばれた本が並び、それらが醸す豊かな空気感に包まれた居心地のいい空間。何より新しい世界の扉を開く宝物のような本たちが、物言わず潜んでいる場所なのです。井浦 新さんが、そんな本屋さんに、宝探しへと出かけました。

                  祇園・清水・東山

                  清水寺がピンク色に包まれる1カ月

                  2013年10月1日(火)から31日(木)の間、京都の観光名所を代表する寺院、清水寺がピンク色にライトアップされます。1日夜に行われた特別拝観にて撮影した、その美しい姿をご紹介いたします。

                    嵐山・嵯峨野・桂

                    「京都・嵐山花灯路-2013」に出かけませんか?

                    本年も12月14日(土)から23日(月・祝)の間に開催される「嵐山花灯路」。嵯峨・嵐山地域ならではの自然景観や、歴史的な文化遺産の数々が、華やかなきらめきに彩られます。

                      祇園・清水・東山

                      「東山花灯路」イベントと特別拝観パーフェクト・ガイド

                      2015年3月6日(金)から15日(日)の10日間、京都の早春の一大イベントとして定着した「東山花灯路」が開催されます。こちらの記事で全貌をチェックして、灯りと花の世界を楽しみにお出かけしましょう。

                      RECOMMEND

                      こちらもおすすめ