井村優三

イムラアートギャラリー ディレクター

井村優三さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

イムラアートギャラリー京都 / 東京 ディレクター。現代アートのディレクターにして、京都の伝統工芸、伝統美に精通したその目を通して、京都で見るべきアーティスティックなものをご案内。

複雑な造形が特徴である陶芸作品...

複雑な造形が特徴である陶芸作品を作るのみならず、展覧会会場という縛りから脱却し空間そのものを取り込むことを常に模索し続けてきた日野田崇。
イムラアートギャラリーでは2年ぶりとなる個展が、現在開催されています。
今回の一番の特徴は、空間構成要素 であったカッティングシートや作品表面上の二次元イメージ内にて使用することが多かったカタカナや柄自体を、三次元の立体作品と して具現化して登場させた点と言えましょう。
三次元と二次元による空間構成が複雑化し、変貌を遂げた渾身の展覧会を是非ご高覧下さい。

日野田崇 個展「空気の民」
期間:2017年11月25日(土)〜12月23日(土)
日時:12:00〜19:00 (日月祝 休廊)
会場:imura art gallery
http://www.imuraart.com/exhibition/archive/post_59.html

プロフィール

井村優三

イムラアートギャラリー ディレクター

井村優三

おすすめ一覧へ

イムラアートギャラリー京都 / 東京 ディレクター。英国に滞在中、現代アートに目覚め、ギャラリストに。ギャラリーのディレクションと共に、プランニングセク ションでは、アートコンサルタントや美術館などでの企画展をプロデュースするなど、幅広い美術の世界で活躍し、多彩なアーティストを世に送り出す。

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH