鈴鹿可奈子

聖護院八ッ橋総本店専務取締役

鈴鹿可奈子さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

毎年恒例の、「都をどり」に寄せ...

京都芸術劇場 春秋座 studio21

毎年恒例の、「都をどり」に寄せていただきました。

今年の「都をどり」は、会場が変わっただけでなく、公演日数も一週間短くなり、公演回数も減っています。そのことも影響して座席がはやくに満席になっていました。
2階席でしたが、真ん中のお席をとっていただけました。舞台全体が見え、下からではわからない芸舞妓さんの綺麗なフォーメーションに、惚れ惚れしてしまいました。見渡せるお席というのもまた、違った楽しみがありますね。

また客席も眺められたのですが、本当に海外のお客様がとても多かったです。大人の方から小さなお子さままで、はっと息をのんで美しい舞台を見つめられていたり、芸妓さんのしっとりした舞に釘付けになられていたり。こうした美しさが伝わっているのだ、と嬉しくなりました。

華やかな桜の中、青の着物の皆様が舞われる。いつものこの光景に、春を感じてほっとします。

プロフィール

鈴鹿可奈子

聖護院八ッ橋総本店専務取締役

鈴鹿可奈子

おすすめ一覧へ

京都大学卒業後聖護院八ッ橋総本店入社。2011年に新しい形で八ッ橋を提供する新ブランド「nikiniki(ニキニキ)」を立ち上げる。

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH