">
梶川由紀

何必館・京都現代美術館キュレーター

梶川由紀さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

「何必館 京都現代美術館」学芸員。京都に生まれ育った女性として、また現代アートのキュレーターとして、四季折々のお話から、京都発のアート情報を発信。

今日は節分。子どもの頃から節分...

Kyoto Prefecture

今日は節分。
子どもの頃から節分には吉田さんにお詣り。いわしを焼いて食べて、豆まき、恵方巻き、と続きます。今年の恵方は甲=東北東。食べきるまで口をきかず、恵方を向いてよそ見をせず、もくもくと。食べ終わったら「ハッハッハッ」と笑います。この習わしがとても好きで、毎年欠かさず続けています。
歳の数だけ食べるお豆、昔は祖母のを助けて食べていたなぁ、と懐かしい。写真は吉田さんのお豆と、仕事帰りに買った十六五の五色豆。明日は立春ですね。

プロフィール

梶川由紀

何必館・京都現代美術館キュレーター

梶川由紀

おすすめ一覧へ

パリ写真美術館(MEP)の設立に日本人キュレーターとして携わる。帰国後、何必館・京都現代美術館にて写真部門を立ち上げ、国内外の展覧会企画や写真集の編集、執筆活動を行う。

MAP地図

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH