">
梶川由紀

何必館・京都現代美術館キュレーター

梶川由紀さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

「何必館 京都現代美術館」学芸員。京都に生まれ育った女性として、また現代アートのキュレーターとして、四季折々のお話から、京都発のアート情報を発信。

吉田亮人さんに初めてお目にかか...

Gallery SUGATA

吉田亮人さんに初めてお目にかかったのは、京都写真ビエンナーレの表彰式だった。審査員として百点を優に超える写真の中から1点を選んでくださいと言われ、名前もわからないまま、写真家の優しい眼差しに惹かれ、私が選んだ一枚の作家が吉田さんだった。
ギャラリーSUGATAでの「鳥葬」展。斬新な展示が目をひく。チベットの営みである鳥葬、生々しい現場のはずが私には全く幻想的な光景として映った。吉田さんの眼差しはやはり優しく血が通っている。トークショーのお話しも面白く、写真の見せ方という視点からも興味深い展示だった。(〜8月6日 ギャラリーSUGATA)

プロフィール

梶川由紀

何必館・京都現代美術館キュレーター

梶川由紀

おすすめ一覧へ

パリ写真美術館(MEP)の設立に日本人キュレーターとして携わる。帰国後、何必館・京都現代美術館にて写真部門を立ち上げ、国内外の展覧会企画や写真集の編集、執筆活動を行う。

MAP地図

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH