堀部篤史

「誠光社」店主

堀部篤史さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

1996年、恵文社一乗寺店にアルバイトスタッフとして勤め始め、2002年より店長を務める。2015年同店を退社、独立し、同年11月、河原町丸太町 の路地裏に書店「誠光社」をオープン。著書に『本を開いてあの頃へ』、『本屋の窓からのぞいた京都』『街を変える小さな店』などがあるほか、雑誌連載など 執筆活動も行う。

当店にも古書を納品してくださっ...

当店にも古書を納品してくださっている「ダンデライオン」さんが他2店舗と共同経営される古書店「はんのき」さんが移転リニューアルオープン。先日お邪魔してきました。千本仁和寺街道を西に入った、路地奥の一軒家でひっそりと営業するその佇まいがなんとも京都らしい。

近くには「喫茶ゆすらご」さんや「マヤルカ古書店」さんもあり、あわせて歩けそう。近所は五番町遊郭の名残ある街並みで路上散策も楽しいエリア。あらたな街の導線が生まれることを期待しています。

プロフィール

堀部篤史

「誠光社」店主

堀部篤史

おすすめ一覧へ

恵文社一乗寺店の店長を経て、2015年11月河原町丸太町の路地裏に書店「誠光社」をオープン。本を中心にした誠光社をめぐる人脈や京都カルチャーを発信していきます。

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH