">
きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【「第25回ICOM(国際博物...

第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019

【「第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019」まもなく開催。基調講演は隈研吾氏、セバスチャン・サルガド氏、蔡國強氏】
  
ミュージアムの進歩発展を目的とした世界で唯一かつ最大の国際的非政府組織、ICOM(国際博物館会議)。1946年に創設され、現在世界138の国と地域から44,500人のミュージアム関係者が加入するこの機関が、3年に一度、一堂に会する大会が日本で初めて、9月1日より京都にて開催されます。7日までの期間中は、国立京都国際会館をメイン会場に、全体会議や国際委員会のセッション、パネルディスカッションが行われるほか、京都市内の博物館や文化施設では一般向けのさまざまなイベントが開催されます。基調講演を行うのは、建築家の隈研吾氏(9月2日)、写真家のセバスチャン・サルガド氏(9月3日)、アーティストの蔡國強氏(9月4日)。会議への参加には3日間以上の場合、参加カテゴリーに合った全日登録が必要ですが、9月2日、3日、4日に限り一日券での登録も可能です(最大2日間まで)。お得な事前登録は8月23日 日本時間24時まで。当日登録もあります。「文化をつなぐミュージアム-伝統を未来へ-」をテーマに、3000人を超える専門家が参加する国際会議にぜひご参加ください。一般向けのイベントについては、「きょうとあす」facebookでもお知らせしていきます。
  
会期:9月1日(日)~7日(土) 
各日さまざまなセッション、ワークショップが行われます。基調講演の時間は以下の通り。
2日 10時50分~11時20分 隈研吾氏
3日 9時~10時 セバスチャン・サルガド氏
4日 10時30分~11時 蔡國強氏
会場:国立京都国際会館、ほか
参加費:一日券10,000円(当日は12,000円)
※事前登録は8月23日 日本時間24時で終了(好評につき早まりました。お早めに。)/当日登録(1日券のみ)は、9月2.3.4日のみ実施。
(参加費には、講演のほか、委員会セッション、展示会、開会式、オープニングパーティー、昼食、当日のソーシャルプログラムが含まれます)
参加登録の問合せ:ICOM 京都大会 運営事務局03-5216-5303(株式会社コングレ内)
  
◎詳しくはこちら

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

MAP地図

PAGETOP

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH