">
きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【坪庭のある喫茶スペース併設。...

大極殿本舗

【坪庭のある喫茶スペース併設。大極殿本舗 本店リニューアルオープン】
  
京都大丸のすぐそば、高倉通にある「大極殿本舗」本店が、6月にリニューアルオープンしました。大極殿本舗」は1885年(明治18)に和菓子店として始まり、2代目が1895年(明治28)に京都の先駆けとなってカステイラを販売したという老舗。落ち着きを残しつつ新しくなった売場には、店の看板である「春庭良(カステイラ)」をはじめ、この時期特に人気の「若あゆ」や「レース羹」などのお菓子が並びます。売場の奥には、坪庭のある喫茶スペース「甘味処 栖園(せいえん)」を開設。甘味処はこれまで六角通にある六角店のみでしたが、リニューアルを機に、こちら本店にも38席が設けられ、かき氷やわらび餅、ぜんざいなどの品々をゆったり味わえるようになりました。なかでもおすすめは、ふるふるとしてなめらか、実に上品な口あたりの名物「琥珀流し」。寒天に蜜を加えたこのメニューは、六角店でも月替わりで親しまれていますが、本店では六角店とは異なるオリジナルの蜜を使い、同じく月替わりで用意されます。7月は赤じその蜜(特別にサイダーが付きます)、8月はレモン。かき氷も本店限定の味を今後出していく予定とか。7月になりますます賑わう四条通りで、ほっとくつろげる場になりそうです。なお、本店から歩いてすぐのところにある祇園祭の山鉾「占出山」では、7月14日から16日の宵山までの期間、山の故事にちなんだ大極殿製「吉兆あゆ」が限定販売されます(本店、六角店での販売はありません)。
  
<大極殿本舗 本店>
場所:京都市中京区高倉通四条上ル東側
電話:075-221-3533
営業時間:9時30分~18時30分(喫茶は10時~17時LO 全席禁煙) 
定休日:水曜

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

MAP地図

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH