">
きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【自家焙煎珈琲「旅の音(タビノ...

コーヒースタンド  MAMEBAC マメバコ

【自家焙煎珈琲「旅の音(タビノネ)」の新店、コーヒースタンド「MAMEBACO(マメバコ)」】
  
京都御苑の西向い、烏丸丸太町の角に、今年オープンしたコーヒースタンド「MAMEBACO」。新店でありながら、どこか懐かしいタバコ屋さんのような雰囲気は、すっかり街に溶け込んでいます。こちらは、左京区元田中にある人気のスペシャルティコーヒー専門店「旅の音」が手がけるお店。オーナーが世界を旅して出会った豆を厳選、焙煎と試飲を繰り返してその豆本来のおいしさを引き出しており、そうして仕上げた「飲み口が甘い」コーヒーを、ここでは豆の販売とテイクアウトで提供しています。ショーケースには、焙煎所から毎日届く「豆箱」が並び、まるでタバコの箱のよう。エチオピア、ホンジュラスなど5種類が用意され、香味をイメージしたパッケージもおしゃれで、自分用にはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも手ごろなサイズです。ミャンマーの完熟豆を使用、自然のコクと甘みが家庭で約20杯分味わえるオリジナルの無添加カフェオレベースも、夏に向け発売されたばかり。コーヒー豆だけでなく、バリスタが淹れるドリップコーヒーやオリジナルのお菓子も好評。コーヒーと各種クグロフとのマリアージュも教えてもらえます。テイクアウトのおすすめは、「MAMEBACO」限定の「杏仁コーヒー」。コーヒーの果皮から作ったカスカラシロップの甘さと杏仁の香りと食感がリッチな一杯です。散歩の途中や仕事の昼休みに気軽に立ち寄れ、日常の小さな楽しみになりそうです。
     
<MAMEBACO>
場所:上京区春日町435アオキビル1階(烏丸丸太町北西角)
電話:075-703-0770(焙煎所直通)
営業時間:10時~19時(7月は9時30分~)/無休

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

MAP地図

PAGETOP

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH