">
きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【丹後天酒(たんごてんしゅ)ま...

丹後天酒まつり

【丹後天酒(たんごてんしゅ)まつり2019~海の京都で酒蔵巡礼~】
  
伊勢神宮に酒を伝えた起源の地と伝えられる京都・丹後。海、山、川など自然がコンパクトにまとまったこの地で、年に1度の蔵開きイベント「丹後天酒まつり」が、5月25日、26日の2日間、9会場で開催されます。9軒の蔵元が自ら企画したこのイベントは、市町村の境界を越え、蔵から蔵へまさに「巡礼」のごとく旅しながら、普段は立ち入ることのできない蔵の見学や土地の食とともに、地酒を楽しめるというもの。杜氏との酒談義、当日限定の非売品のお酒など、この2日間だけの特別なチャンスも用意されています。見学用の工場ではなく、実際に酒造りが行われる蔵を訪ねるので、土壁や梁のノスタルジックな趣や職人の心意気を感じながらお酒を味わえると、年々参加者が増加しています。お酒好きの方はもちろん、強くないという方も、丹後の風土や文化に酔えるひとときになりそうです。2日間は酒蔵巡礼のシャトルバスが運行されます。
  
日時:5月25日(土)・26日(日) 各日10時~17時
会場:25日開催 池田酒造(舞鶴市)、若宮酒造(綾部市)、東和酒造(福知山市)、ハクレイ酒造(宮津市)
26日開催 木下酒造(京丹後市久美浜)、熊野酒造(京丹後市久美浜)、白杉酒造(京丹後市大宮町)、与謝娘酒造(与謝郡与謝野町)、谷口酒造(与謝郡与謝野町)
各蔵 入場無料(日本酒は有料・一部無料試飲あり、フード有料)
問合せ:丹後酒蔵ツーリズム運営委員会0772-46-5235(株式会社アイデンティティブランディング内)
  
◎詳しくはこちら

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

MAP地図

PAGETOP

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH