">
きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【「茶御飯 京都」×「富翁」令...

「茶御飯 京都」×「富翁」令和を祝う鏡開き開催!

【「茶御飯 京都」×「富翁」令和を祝う鏡開き開催!】
  
東京・浅草で昼は主にインバウンドに向けた日本料理教室、そして夜は隠れ家的日本酒バーに変身する「茶御飯 東京」。海外のテレビ番組でも取り上げられたことのある料理教室は出汁もとる本格派で、フードツーリズムの先駆けとして、東京で年間3,000人以上の訪日外国人が来店されるほど。実は去年末から京都にも進出し、&LOCALSプロデュースの「醸ス 京都」と同じ町家で「茶御飯 京都」として営業中です。日本の豊かな食文化を世界に発信していきたいとお店を開いたオーナーの平野雅仁さんは日本酒への造詣も大変深く、もっと多くの人に日本酒の素晴らしさを味わってほしいとこだわりの品揃えでお客様をもてなします。熟成酒や古酒のラインナップは特に豊富で、同じ銘柄でも年度による違いを飲み比べられるなど、通には嬉しいバーとなっています。このたび、遅ればせながらのオープン&元号が変わる記念として京都伏見の1657年創業の老舗酒蔵、北川本家 富翁さんとコラボレーション、鏡開きと香り高い樽酒を味わう会を開催されます。お酒は樽酒の他に富翁さん限定酒を含んだ5種類ほど、そして酒菜やプレゼントも用意されています。蔵元さんも来店されるので老舗ならではの酒づくりのお話を伺ったり、同好の方々と日本酒談義に花を咲かせながら、新しい時代の幕開けをほろ酔いでお祝いするのも楽しそうです。

<酒界の王 富翁で鏡開き!>
日時:平成最終日4月30日(火・祝)14:00~16:30
場所:茶御飯京都 下京区万寿寺通寺町西入ル須浜町647-2(1F奥・受付&ラウンジ/2Fメイン会場) 
電話: 075-351-5822
会費:4,500円(税込)/1人(樽酒が飲み放題、酒菜立食、一部杯売あり)
※定員:30様程度(事前申込制)立食
    
◎詳しくはこちら

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

MAP地図

PAGETOP

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH