">
きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【京都織物卸商業組合50周年記...

「The KIMONO : Styled & Restyled−ファッションとしてのきもの1300年」

【京都織物卸商業組合50周年記念特別展覧会 京都経済センターこけら落とし事業「The KIMONO : Styled & Restyled−ファッションとしてのきもの1300年」展】
  
いよいよ明日3月16日グランドオープンする京都経済センター。そのこけら落とし事業として開催される本展覧会はキュレーターに服飾史家で京都服飾文化研究財団理事である深井晃子氏を迎え、「ファッション」としてのきものの魅力に焦点を当てた企画となっています。昭和初期に復元されたきものは伝統的な色や柄、重ね着、帯や小物など、その時代らしくコーディネート、スタイリングされて展示され、「きもの」の技法や技術そのものではなく、これまでいかに女性はきものをおしゃれに着こなしていたかを総覧します。実際にマネキンなどに着付けられた「きもの」は写真や絵で見ていたものとは違う、新鮮な驚きと発見に満ちています。さらに、これからの着物として新進気鋭のファッション・デザイナー中里唯馬氏がこの展覧会のために制作した新作も披露。また映像や音に加えて、香りを楽しんでいただける展覧会です。一部を除いて撮影も可能ですので、自分なりの新しい「きもの」の捉え方、楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょう。また、京都織物卸商業組合50周年の展覧会開催を記念し、本展覧会キュレーター深井晃子氏をはじめとした各界を代表する方々による対談、宮廷衣装の着せ付け等のイベントを開催します。
   
●3月19日(火) 17時-18時 対談「きもの談義:日本のきもの、西欧のKIMONO」
登壇:長崎巌氏(日本服飾研究家)×深井晃子氏(本展覧会キュレーター西洋服飾研究家)
●3月22日(金) 17時-18時 対談「未来の衣服ときもの」
登壇:中里唯馬氏(ファッションデザイナー)×細尾真孝氏(株式会社細尾 常務取締役)
●3月26日(火) 17時-18時 衣紋と講演「装束司が話す宮廷装束の世界」
講師:黒田知子氏(宮廷衣装司)
いずれも参加費無料(ただし、本展覧会の観覧券が必要です)/定員50名(事前申し込みにて先着順)
   
◎お申込みはこちら
  
会期:2019年3月16日(土)~3月29日(金)/会期中無休
会場:京都経済センター2F 京都産業会館ホール
入場料:一般800円 学生500円 中学生以下は無料
※きもので来館された方は一般の方も500円で入館可能

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

MAP地図

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH