">
きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【<京 くみひも>の教室併設「...

昇苑くみひも宇治本店

【<京 くみひも>の教室併設「昇苑くみひも宇治本店」リニューアルオープン】
  
美しく鮮やかな色彩の糸を繰り、束ね、撚りをかけ、組み上げる、京都の伝統工芸「京 くみひも」。和装の帯締めや仏具、茶道具、武具の紐として使われてきましたが、現在はファッションやインテリアの世界にもさまざまな可能性を広げています。そんなくみひもの専門店として宇治に創業し70年、糸の染色から紐の組み上げ加工までを行う「昇苑 くみひも」がこのほどリニューアルし、くみひもの魅力を発信する新たなスポットとしてオープンしました。およそ100年前の町家の趣を生かした建物は、外装に糸屋(紐屋)格子が施され、自然の光を大切にしてきた、糸や紐、呉服のお店の暮らしがうかがえます。明るく落ち着いた雰囲気の店内1階には、帯締めをはじめくみひもの技を用いた和装小物やストラップ、ヘアアクセサリー、ジュエリー、インテリア雑貨の販売のほか、くみひもの体験コーナーがあり、伝統のものづくりに気軽に挑戦できます。また2階には50年以上続くくみひも教室を併設。体験でも使用する角台のほか、1メートル四方の台の中央に座り左右の糸を繰って紐を組む高台、真ん中の穴からひもが組み下がる丸台、織物の構造にも近い綾竹台など組台は20台以上、本格的に技を学べる設備が用意されています。お店は平等院や宇治橋に近く、宇治観光の帰りに立ち寄りやすい場所。糸の色や艶、それを組み上げる美しい工程にぜひ一度触れてみてください。
  
<昇苑くみひも 宇治本店>
場所:京都府宇治市宇治妙楽146-2
電話:0774-66-3535
営業時間:10時~17時/無休(年末年始休あり)
   
◎詳しくはこちら

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

MAP地図

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH