">
きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【有職御人形司 十二世 伊東久...

有職御人形司 十二世 伊東久重展

【有職御人形司 十二世 伊東久重の世界】
 
江戸・享保年間から御所人形の伝統と技を伝え、明和4年(1767年)、後桜町天皇より「有職御人形司伊東久重」を賜り、代々継承してきた人形司伊東家。ふっくらとして豊かさを表す三頭身の姿、そして胡粉を50回ほど塗り重ねて磨くことで生まれる透き通るような白い肌、子どもらしい愛らしさに満ちたお人形は、見る人を幸せな気持ちにしてくれます。そんな伊東家の由来から、御所人形、胡粉高盛金彩絵など約100点を集めた「有職御人形司 十二世 伊東久重の世界」が、明日9月12日より京都髙島屋7階グランドホールにて開催されます。格調高く雅な御所人形とともに展観される胡粉高盛金彩絵は、宮中で有職調度として用いられた筥や折敷などの伝統をもとに、御所人形の技で立体感のある紋様を描いたもので、当代が開いた新しい美の世界。お人形同様に丹精込めて作られ、一点一点うっとりするような優美さです。この展覧会に併せ、同店6階美術画廊では当代の集大成とも言える作品約50点を展観する作品展も開催(9月18日まで)されますので、そちらもお見逃しなく。
 
会期:9月12日(水)~24日(月・休) 
時間:10時~19時30分(20時閉場。最終日は~16時30分、17時閉場)
会場:京都髙島屋7階グランドホール
入場料:大人800円
※6階美術画廊での「有職御人形司 十二世 伊東久重展」は9月18日(火)まで。最終日は16時閉場。入場無料。
 
◎詳しくはこちら

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

MAP地図

PAGETOP

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH