きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

ハースト婦人画報社『婦人画報』編集部と、京都分室のネットワークを生かし、京都の街に根差す「祭」や「行事」をはじめ、最新ニュースやイベント情報など、京都の四季をリアルタイムに綴ります。

【京の台所「錦市場」を堪能・斗...

美食LIVE 2018年10月の回

【京の台所「錦市場」を堪能・斗米庵にて「京都三巨匠×錦市場 美食LIVE」10月スタート】
 
錦市場は近年観光の方で賑わうようになりましたが、長い歴史を通して、上質の素材を求めるプロフェッショナルたちが行き来してきた町。平安時代に地下水を利用し御所へ魚を納める店が集まったことがはじまりとされ、中央卸売市場開場後も高級料亭への卸を担い、目利きが選ぶ「本物」が集まる場でありました。そんな錦市場の真髄に触れ、〝食べ歩き〟とは一線を画す錦市場の魅力を体感してもらおうと、和食、イタリアン、中華、各界のトップシェフが錦の老舗とコラボレーションするイベント、「京都三巨匠×錦市場 美食LIVE」が、錦にある日本料理店「斗米庵」にて、10月より毎月1回、1年にわたり開催されます。登場するのは、「祇園 さゝ木」佐々木浩氏、「一之船入」魏禧之氏、「イル ギオットーネ」笹島保弘氏の三氏。各回1人のシェフが、錦市場から発想を得て生み出したコース料理を、限定10名の参加者の目の前で仕上げ、できたてを次々に提供します。第1回(10月31日)は、佐々木氏と鳥清(合鴨鶏肉)、湯波吉(京ゆば)、丸弥太(鮮魚)、川政(青果)の老舗4軒がコラボ。「錦から仕入れることは憧れだった」という声もあるほど、料理人にとって思い入れがあり、今も井戸水が湧く「京の台所」で、どんな美味に出会えるのか、少人数限定のこの特別な機会にぜひ「本物の錦」を味わいにお出かけください。
 
<美食LIVE 2018年10月の回/祇園 さゝ木 佐々木浩×錦市場>
日時:10月31日(水) 11時30分
会場:斗米庵(とべいあん) 京都市中京区東魚屋町196-1
料金:1名15,000円(税込/飲み物代別) ※キャンセルの場合は日にちによりキャンセル料がかかります。
人数:10名限定
申込:斗米庵にて電話受付。075-257-7666(電話は9時~11時、14時30分~16時のみ。水曜休/その他不定休有)※11月の回(11月14日魏禧之氏)、12月の回(12月12日笹島保弘氏)も受付中。
 
◎詳しくはこちら

プロフィール

きょうとあす

『婦人画報』の京都情報サイト

きょうとあす編集部

おすすめ一覧へ

京都取材にかけては雑誌業界No.1の婦人画報がおくる京都観光ガイド。本当は教えたくない、京都人とっておきのグルメ、お買い物、1泊2日や日帰りの旅プランが満載。京都の常識コラムも必見です。

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH