京都の常識

ぶぶ漬

 ぶぶ漬けとは、お茶漬けのこと。本来の京都のお茶漬けは塩昆布や小さなあられなどを載せた簡単なもの。「奥に入って、ぶぶ漬けでも食べて行きはりますか?」と訪問先で言われたら、それは『今日はこれ以上のおもてなしはしませんで』『そろそろ帰ってくれはったらいいのに』という意味の、京都人特有の合図だといわれている。さらにここで真に受けて、本当にぶぶ漬けをご馳走になってしまったとしたら、後々まで陰口を言われることになる。これは、もとは上方落語のネタで、大阪人が“いけず”な京都人を揶揄するための一口話であったとされるが、実際には「現在の京都でこんなことを言ったとか言われた話は聞いたことがない」と、多くの京都人の証言。どうやら都市伝説のようだが、空気を読まずに訪問先で長居をするなという戒めとして心得ておきたい。

RECOMMEND

こちらもおすすめ