京都豆知識

川床料理

5月ごろから9月ごろまでの間、鴨川、貴船、高雄、鷹峯などの川沿いに、料理店の座敷が設けられます。夏の京都の風物詩の一つともいわれるこの川床では、どんなお料理がいただけるのでしょうか。

「川床料理」ってどんな料理?

貴船など北エリアでは川の流れの近くにつくられる席を「川床(かわどこ)」といい、街中の木屋町や先斗町などでは高瀬川上に高い客席を設けて「床(ゆか)」と呼んでいます。京都の北エリア、貴船の川床でいただけるのは、鮎や岩魚など川魚をメインにした会席料理。川の流れのすぐ上にしつらえられた川床は居るだけで涼やか、山の景色も楽しみです。一方、木屋町や先斗町といった繁華街にある床では、出されるお料理もバラエティ豊か。和食はもちろんのこと、イタリアンやフレンチ、エスニックに焼き肉といろいろなお店があって、京都のはんなりした夜景とともに楽しめます。

RECOMMEND

こちらもおすすめ