京都の常識

「開運」を呼ぶ正しい作法

神社での、正しいお参りの仕方

神様の前では拍手を二回打つ。それくらいは知っている人も多いはず。ではお辞儀は何回するの? 柄杓が並んでいる場所でどのように振る舞えばいいの? これら、神社での正しいお参りの仕方をまとめました。

3/5

03

 

お辞儀は二度。心を込めて  

本殿の前に進み神様と向き合います。雑念を払い、深く一度目のお辞儀。そして敬虔な心持ちを保ったまま二度目のお辞儀をします。神職は上体を90度に折るお辞儀をしますが、大切なのはお辞儀の深さではなく、畏まる気持ちです。

2013年06月01日掲載

『婦人画報』2012年2月号別冊「京都の神社 お参り・ご利益ガイド」掲載 2013年06月01日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ