京都の常識

「開運」を呼ぶ正しい作法

神社での、正しいお参りの仕方

神様の前では拍手を二回打つ。それくらいは知っている人も多いはず。ではお辞儀は何回するの? 柄杓が並んでいる場所でどのように振る舞えばいいの? これら、神社での正しいお参りの仕方をまとめました。

1/5

01

 

鳥居をくぐるときは軽く一礼を  

一般的な神社では、本殿へ通じる参道の入り口に、「大鳥居」あるいは「一の鳥居」と呼ばれている鳥居があり、この鳥居は神域への入り口を示すもの。いわば神様のご自宅の玄関。「お邪魔します」の気持ちを込めて軽く一礼を。

2013年06月01日掲載

『婦人画報』2012年2月号別冊「京都の神社 お参り・ご利益ガイド」掲載 2013年06月01日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ