京都の常識

きものに必要な小物 vol.2

きものに必要な小物についての説明です。普段、なにげなく使っている言葉も英語にすると新鮮です。外国の方へ、きもの用語の説明にぜひご利用ください。

  1. 半衿 はんえり
    【Han-eri】
    Performing double duty by preventing stains and providing decoration, the “Han-eri”, sewn with padding inside, is placed on the collar of the “Nagajuban”.
    White or colorful, it can also be embroidered or dyed in a Yuzenzome style, providing different kinds of “Han-eri” for men and women to wear during the changing seasons.
    汚れ防止と装飾のために、長襦袢の衿の上に掛けます。
    女物、男物、夏物、冬物があります。
    白地のほか、素材や色柄は多様で刺繡や友禅染のものもあります。


  2. 衿芯 えりしん
    【Erishin】
    Core to the “Han-eri” is the “Erishin”, which is used to adjust the form of the “Han-eri”. It’s the start of the neckband and creates the alluring curve around the neck.
    While traditionally made using cotton textiles, the popularity of plastic “Erishin” is now increasing.  
    長襦袢の半衿に芯として入れて、半衿の形を整えるもの。
    衿のカーブや立ち上がりを整えます。
    昔ながらの綿織物製のほか、現在ではプラスチック製が多くなっています。


  3. 帯枕 おびまくら
    【Obimakura】
    Looking like a flat oval with cords attached, the “Obimakura” is a tool used when tying the “Obi” as it adjusts the knot created on the back of the kimono. Using different types of this gauzy material will change how the “Obi” looks when tied.
    帯を結ぶときに、後ろ姿のお太鼓を整える道具。
    楕円形で背が当たる部分は平らになっています。
    紐やガーゼを付けて使用。帯結びによって、使用する帯枕も様々あります。


  4. 帯板 おびいた
    【Obiita】
    The “Obiita” is thick cardboard designed to push forward so that there is not a single wrinkle in the front part where the “Obi” is placed.
    While normally board-shaped, there are also plastic “Obiita” that combine the band plate with cords, forming a type of belt.
    帯を締めるとき、胴回りにシワができないように、前に挟む厚いボール紙の板状のもの。プラスチック製や、ベルト付きの帯板もあります。


  5. 帯あげ おびあげ
    【Obiage】
    Harmonizing the “Obi” with the kimono as the cardinal color is the “Obiage”, seen at the upper end of the “Obi”, while it hides the “Obimakura” from view.
    Embroidered or silk crêpe cloths are best used for this oblong decoration, as are silk gauzes during summer.  
    女帯を結ぶときに、帯枕の上にかぶせ、前で帯の上端に収めて飾る横長の布。使用する生地は縮緬や綸子などが多く、夏用には絽や紗があります。
    きものと帯を調和させ、おしゃれの彩りとなります。


  6. 帯〆 おびじめ
    【Obijime オビジメ】
    The last part is a striking cord which affects a decorative role while simultaneously holding women’s “Obi” in place so that they don’t come loose.
    Formal, ceremonial, and ordinary kimono need to choose the best textures, colors, and patterns to fit their status while also considering a narrower effect by using one called “Obidome”.
    女帯がほどけないように、帯の上に最後に締める紐。
    帯を固定しつつ、装飾的な役割を果たします。
    礼装用、正装用、普段用など、きものの格に合わせて選びます。
    帯留を用いるために幅の狭いものもあります。



翻訳/COCO塾、取材協力/民族衣裳文化普及協会、イラスト/森シホカ
『美しいキモノ』2015年春号「英語できもの」掲載 2014年09月08日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ