京都の常識

いまさら聞けない和の常識・マナー一覧

いまさら聞けない和の常識やマナーを丁寧に解説。お食事の席や宿泊先での正しい作法や神社でのお参りの仕方も、京都に行く前にぜひご確認を。

    客としての品格がもっとも問われる場所、お風呂でのマナー

    浴室を美しく、清潔に保つのは客側の務めでもあります。マナーを守り、くつろぎのひとときを堪能して。

      だらしなく見えない宿内の装いとは

      宿の人は、着こなしをしっかり見ているものです。浴衣を美しく着こなして、旅上手な印象を演出しましょう。

        旅館の予約をとる、チェックインする。「旅の入口」の流儀

        予約やチェックインの段階から、宿との関係は始まっています。礼儀を守り、楽しみな気持ちを表現することで、好印象へとつなげましょう。

          神社での、正しいお参りの仕方

          神様の前では拍手を二回打つ。それくらいは知っている人も多いはず。ではお辞儀は何回するの? 柄杓が並んでいる場所でどのように振る舞えばいいの? これら、神社での正しいお参りの仕方をまとめました。

            和室での「やってはいけないこと」

            何げないふるまいが、不作法のレッテルにつながることも。注意すべき点を心得ておきましょう。

              夏に料亭へ行くとき、裸足でもいいですか?ドレスコードは?

              絶対という決まりはないけれど、心しておくと、より楽しみが広がることも。

                一見さんお断りって今もあるの?

                事前に調べておくことが大切です。

                RECOMMEND

                こちらもおすすめ