京都の常識

8月16日 開催

夏の夜空を彩る風物詩 五山送り火

送り火の仏事が行われるのは、万灯会や松明上げなどの行事が行われたのちの8月16日。京都の五つの山に送り火がくっきりと浮かび上がります。

1/6

01

 

五山送り火とは?  

盂蘭盆会、つまりお盆の仏事は、奈良時代に始まり、平安時代には仏教とともに広がったといわれています。お盆にお精霊さんを迎え、これを送るときに火を灯すという習慣が、鎌倉時代には定着しました。

 五山の送り火の起源は諸説ありますが、江戸のころまでは、人が山に登って松明を掲げていたそうです。

 8月16日の20時、京都市内の看板などの明かりが一斉に消されると、東山如意ケ岳(大文字山)の「大」の字に点火され、送り火がスタートします。その後、万灯籠山の「妙」、大黒天山の「法」、西加茂船山の「船形」、大北山の「左大文字」と次々に点火されていきます。そして20時20分に最後の送り火、嵯峨鳥居本曼荼羅山の「鳥居形」が浮かび上がるのです。人々は送り火を見つめてご先祖様を思い、静かに手を合わせます。

2013年06月28日掲載

撮影/中田 昭 文/中井シノブ 2013年06月28日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ