大原の静寂のお寺へ

1000株以上のあじさいが境内を彩る。京都大原「三千院」のあじさい祭

京都大原「三千院」のあじさい苑では、約1000株以上のあじさいが6月中旬から7月中旬まで美しく咲き誇ります。静寂のなか、自然豊かな大原の地に咲くあじさいは、まるで絵画のような美しさです。京の奥座敷へ、少し足を延ばしてみませんか。

  1. 美しいあじさいが両側に咲く小路。

    京都駅から北へ車を走らせること1時間ほど、緑豊かな大原の山里に、「三千院」はあります。
     
    6月の半ばになると、広大な境内を誇る「三千院」の金色不動堂に向かう参道脇で、あじさいが満開を迎えます。
     
    境内には、約1000株以上のあじさいがあり、最初に花開く「小あじさい」を皮切りに、めずらしいい品種の「星あじさい」、もっとも多い「山あじさい」や「額あじさい」と、6月中旬から7月中旬ころまで、さまざまな種類のあじさいが、順々に咲いていくのも見もの。移りゆく「あじさい苑」を約一ヶ月楽しむことができます。
     
    京都の中心地より見ごろが遅く、7月半ばころまでその姿を楽しめます。避暑もかねて、ゆったりと散策に訪れてみては。


  2. ■京都大原三千院 あじさい祭
     
    期間:6月17日(土)~7月17日(祝日)
    時間: 8:30~17:00 (閉門17:30)
    場所:京都市左京区大原来迎院町540
    TEL: 075-744-2531
    拝観料:一般 700円
    アクセス:出町柳駅から京都バス「10」「16」「17」大原下車、東へ徒歩約10分。叡山電車八瀬比叡山口駅から京都バス「10」「16」~「19」大原駅下車、東へ徒歩約10分。
     
    ◎詳しくはこちら


RECOMMEND

こちらもおすすめ