二つの“LOVE”。京都で味わう愛の物語「ルネ・グローブリ×NESPRESSO」展

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が2017年4月15日(土)~5月14日(日)まで開催されます。

 
第5回目を迎える今年のテーマは「LOVE」。

 
町家やお寺など16の特別な会場にて、国内外の気鋭のアーティストの作品や貴重な写真コレクションが展覧されるなか、注目は、日本で初めての写真展の開催となるスイス人写真家のルネ・グローブリの展覧会。1954年に発表した写真集『The Eye of Love』で、妻リタとの新婚旅行を綴った作品を展示。ファインダー越しに映る私的な視線と、モノクロームならではの表現に目を奪われます。
 

09_René_Groebli_01

ルネ・グローブリ「The Eye of Love, # 535」  © René Groebli, The Eye of Love, # 535, 1953. Courtesy Galerie Esther Woerdehoff, Paris

 
 

09_René_Groebli_02

ルネ・グローブリ「The Eye of Love, # 522」  © René Groebli, The Eye of Love, # 522, 1953. Courtesy Galerie Esther Woerdehoff, Paris

 

09_René_Groebli_03

ルネ・グローブリ「The Eye of Love, # 500」© René Groebli, The Eye of Love, # 500, 1953. Courtesy Galerie Esther Woerdehoff, Paris

 
 
 
また、会場には併設して「NESPRESSO Love Lounge」がオープンし、コーヒーの無料提供(1日200杯)も! 定番の4種のフレーバーに加え、週末限定でアレンジコーヒーも登場。書道家・川邊りえこ氏作のネスプレッソコーヒーを使って書いたカリグラフィーも必見です。
 
 
じつは、おなじみの「NESPRESSO」は、当時の開発者が妻のために彼女の生まれ故郷イタリアのバールで味わえるような本格的なエスプレッソを自宅でも飲ませてあげたいという深い愛から生まれたもの。
 
ルネとNESPRESSO、2つの“LOVE”に思いを馳せながら、心温まるひと時を過ごしてください。
 
 
■ルネ・グローブリ写真展 × NESPRESSO Love Lounge
会期:2017年4月15日~5月14日(月曜休館)
時間:10~19時
場所:京都文化博物館 別館2階(京都市中京区三条高倉角)
入場料:無料
コーヒー:無料(1日200杯限定)

 
◎こんな楽しい企画も!
「NESPRESSO Love キャンペーン」
会期中、#NespressoLove または #ネスプレッソラブのハッシュタグをつけて、LOVEを感じるコーヒーの写真や、コーヒーのあるLOVEな瞬間をとらえた「Love with Coffee」の写真を投稿した方の中から抽選で、自宅でも簡単にコーヒーの美味しさを味わえるネスプレッソのコーヒーメーカー(イニッシア)を5名様にプレゼント。

期間:2017年4月15日~5月14日 24時まで

応募要件: #NespressoESPRESSOLove または #ネスプレッソラブ のハッシュタグをつけて、LOVEを感じるコーヒーの写真や、コーヒーのあるLOVEな瞬間をとらえた「Love with Coffee」の写真をインスタグラムに投稿された方

RECOMMEND

こちらもおすすめ