婦人画報の京都情報サイト「きょうとあす」とコラボレート

【京都髙島屋】京都の魅力を再発見する「おいしい京 うつくし都」が開催 <PR>

京都髙島屋と婦人画報の京都情報サイト「きょうとあす」のコラボレートでお届け。京都の食と工芸の魅力を再発見する「おいしい京 うつくし都」が、6月12日(水)~6月30日(日)まで開催されます。夏越祓(なごしのはらえ)にちなんだ和菓子「水無月」をはじめ、京都人お墨付きの季節の和菓子や暮らしの道具などを厳選紹介。なかには、人気店の期間限定商品や本店限定品も! 上質な京の暮らしに寄り添う美味と名品をぜひ、この機会に。
     

3/7

【朧八瑞雲堂】の「生銅鑼焼 抹茶」「生銅鑼焼 小倉」各1個341円。いずれも会期中の木・日曜のみの限定販売。各日各種40個限定、お一人2個限りの販売。詳しくはお問合せを。

03

 

期間限定販売! 全国にファンのいる「生銅鑼焼」  

2009年の開業以来、独創的でモダンな和菓子を生み出し人気を博す【朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう】が京都髙島屋初登場。たっぷりの生クリームをはさんだ「生銅鑼焼(なまどらやき)」は、開店早々に売り切れる人気の品です。
   
生クリームと小豆を挟んだ「小倉」はムースのようなふんわりとした口溶けで、小豆の風味が広がります。抹茶を堪能したいなら抹茶クリームにつぶあんを練り込んだ「抹茶」。ふくよかな甘みを口いっぱいに頬張る幸せを実感してください。
   
    

2019年05月31日掲載

文=中井シノブ 2019年05月31日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ