桜の下で大人のピクニック

【4月・京都人ひみつの京案内】花も団子も! 京男の桜散歩 by 細尾真孝さん

名店の美味を携えて、満開の桜の下でピクニック
 
街全体がはんなりとピンク色に染まる古都の春。お気に入りの味を片手に、のんびりとお花見ピクニックはいかがでしょう。
 
まずは花見弁当から。肩ひじ張らず、でも見目麗しく、上品に。そんな願いを叶えてくれるのが、僕と同世代の「四季 なか村」中村真規さん。2015年に独立される前からの大ファンで、季節感や素材の味を大切にされる料理は、どことなく京都らしさがあり、彼のお人柄も表れているせいか、とてもやさしい味わいです。
 
繊細な和食に合わせるワイン選びは、自然派を豊富にそろえ、料理人からの信頼も厚い、桜の名所、岡崎にある「エーテルヴァイン」で。そして、花見団子は昔から家族でお世話になっている西陣の「塩芳軒」 。ういろう、こなし、餡玉製をつなげた、京の意匠を感じる花見団子はお薄にも良く合います。大好きな味をそろえたら、桜咲く鴨川の河川敷へ。上質なブランケットを芝生の上に敷いて座り、春の陽気に包まれながらうとうとと、夢見心地の時間を満喫します。

『婦人画報』2017年4月号掲載 2017年03月17日掲載

RECOMMEND

こちらもおすすめ