京都・清水寺で開催! 小説家・原田マハさんが仕掛ける展覧会「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート」

ICOM(アイコム/国際博物館会議)の京都大会が開催されることを記念し、「日本と世界のアートの接点」をコンセプトに、9月1日から8日の間、世界遺産の清水寺にて「CONTACT つなぐ・むすぶ日本と世界のアート」展が催されます。 
   
通常非公開の「成就院」では美しい庭園を背景にした作品展示、ゲルハルト・リヒターによる「経堂」での映像作品公開など、伝統的建築と近現代アートの融合を体感できます。
    
 

kiyomizu_Blog横

清水寺 西門では加藤 泉の新作インスタレーションが展示される。
加藤 泉《無題》2019年(本展のための特別制作) ©2019 Izumi Kato

  

fg1909_kyotoasu_05_02_2_1000_800_72_60_Blog横

「ライヒ リヒター ペルト」展示風景 The Shed (2019年、ニューヨーク)

 
     

総合ディレクターを務めるのは小説家・原田マハさん。「世界中から集まる3千人のミュージアムの専門家に、日本各地に存在する素晴らしい美術館や、そこに収蔵される名作の数々を知ってほしい」と原田さん。何より嬉しいのは、原田さんの最新小説を、作品とともに楽しめること。この展覧会を舞台に書き下ろした『20 CONTACTS 消えない星々との短い接触』(幻冬舎)を刊行、展覧会ではその一部と原田マハさんによる全作品の解説を掲載したタブロイド紙が無料で配布されます。
   
重要文化財「西門」や「馬駐」のフリーゾーンでは現代アーティスト・加藤泉氏の作品が展示され、訪ねるだけでアートに触れられる仕掛けも。特別な空間で名作と出合える、とっておきの展覧会をご覧ください。
   
   

■ICOM(国際博物館会議)京都大会2019開催記念
『CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート展』
会期:2019年9月1日(日)~8日(日)※会期中無休
会場:清水寺(京都市東山区清水1-294)成就院、経堂、西門、馬駐
1,800円(モーニングチケット1,600円)

取材・文=中井シノブ

RECOMMEND

こちらもおすすめ