夢のような桜旅プラン、まだ間に合います!「京都トレジャー」の京都 特選・旅プラン

来春の京都ツアーのご予約は「京都トレジャー」におまかせください。
 
京都の桜の美しさは格別です。ひと目みようと全国からたくさんの人が訪れるこの季節。「離れていて桜の名所をめぐりきれない」「美食処の予約がとりにくい」「人気の宿はもう満室」……。そんなご希望とお悩みを解決するツアーを多数ご用意しました。
 
京都に春の訪れを告げる風物詩「都をどり」を特等観覧席にてご観賞いただけるツアーや、名作の桜、隠れた桜名所をめぐるツアー、世界遺産の東寺で時間外の夕刻に特別拝観、お抹茶とお菓子を召し上がりながらの船上お花見、通常非公開の大雲院 祇園閣での貸し切り拝観、二条城ライトアップ……。客室から“祇園の夜桜”も眼下にひとり占めするホテル長楽館や、「美山荘」の摘草料理、祇園白川の桜を眺めながらいただく「祇園みかく」の鉄板焼ステーキ、京都でもっとも予約が取りにくいお店のひとつ、「祇園さゝ木」のお席も確保しています。ご予約はお早めに! 
 
>>「梅」「節分」「雛まつり」「東山花灯路」「名刹高台寺での夜のお茶会」「大政奉還150年記念」「木乃婦」の京料理などの京都旅プランもぜひチェック! 詳細はこちらから
 
 

優雅に京都の桜名所を巡る日帰りツアー

 
世界遺産 東寺の夕暮れ特別拝観、船上お花見、非公開寺院の貸し切り拝観、二条城ライトアップも。優雅に京都の桜名所を巡る日帰りツアー
 
旅行日数:日帰り

出発日:3月25日~3月31日、4月7日~4月11日(一部除外日あり)
 
春色に染まる京都。京都の桜の美しさを求めて、毎年多くの方が来られます。混雑した時季だからこそ、特別企画でゆっくり、贅沢にお花見を!世界遺産の東寺で時間外の夕刻に特別拝観、お抹茶とお菓子を召し上がりながらの船上お花見、通常非公開の大雲院 祇園閣での貸し切り拝観、二条城ライトアップなどさまざまな桜景色をお楽しみいただける日帰りツアーをご用意いたしました。
 
詳細とお申し込みはこちらから 
 
 

「橋本関雪記念館の夜桜饗宴」と都をどり観賞 京都の名桜と幕末ゆかりの地を訪ねる2日間

 
 
本ツアー貸し切り! 「橋本関雪記念館の夜桜饗宴」と都をどり観賞 京都の名桜と幕末ゆかりの地を訪ねる2日間 
 

旅行日数 : 1泊2日
出発日 : 4月7日
 
一般には公開していない橋本関雪記念館の夜桜を特別に観賞!本ツアーで特別に貸し切りし、橋本関雪記念館の観賞や桜のライトアップをご覧いただける魅惑のプランです。記念館の2階やテラスは、見事な枝垂れ桜が一望できる贅沢な空間。窓越しに眺める美しい夜桜とお食事を満喫いただきます。また、桜に寄せた演奏会で、風雅な饗宴をお愉しみください。もうひとつの見どころは京都の春の風物詩「都をどり」。艶やかな着物に身をまとった芸舞妓が、舞や唄を披露します。春の訪れを祝福するかのような華やかな舞台に酔いしれて。 
 
詳細とお申し込みはこちらから
 
 

『都をどり』観賞と祇をん 豆寅の「特別豆すし豆皿膳」。古刹の名桜とともに春の訪れを感じる日帰りプラン

 
『都をどり』観賞と祇をん 豆寅の「特別豆すし豆皿膳」。古刹の名桜とともに春の訪れを感じる日帰りプラン 
 

旅行日数:日帰り
出発日:4月5・6・7・11・12・13・14日
 
京都で春の訪れを感じることができる風物詩のひとつが「をどり」。京の「をどり」は、明治5年(1872)より、毎年4月から5月にかけて、京都の各花街で開催されています。なかでも4月に行われる「都をどり」は、代表的な舞踊公演。京都でいちばん大きな花街「祗園甲部」の芸舞妓さんによる、約45分間のきらびやかな舞いに魅了されます。また、京都の伝統技術の結晶、色あざやかな衣装にも注目!今年は「京都芸術劇場 春秋座」の舞台設備を最大限に活用した演出でお披露目される、新しい「都をどり」をお楽しみください。
 
詳細とお申し込みはこちらから
 
 

京都の桜といったらまずはここへ。春爛漫! 京都4大桜めぐり

 

京都の桜といったらまずはここへ。春爛漫! 京都4大桜めぐり 
 

旅行日数 日帰り
出発日 3月26日・4月1日・2日・8日
 
“桜の京都”に初めて出会うなら、京都の代表的な桜の名所をめぐるこちらのツアーはいかが?川沿いの桜にピンク色に染まった山々を観に、嵐山・嵯峨野観光の玄関口となる渡月橋でバスを降り、天龍寺など周辺をゆったり散策。そして京都の桜の代表格、豊臣秀吉の「醍醐の花見」が語り継がれる醍醐寺、「御室の桜」で知られる仁和寺へ。ラストはこの時季限定でライトアップされている清水寺の夜の特別拝観へご案内致します。春の京都を一日で満喫できます。 
 
詳細とお申し込みはこちらから 
 
 

京の春欄漫 秀吉が愛した醍醐の花見 桜の名刹特別拝観と都をどり

 
 
京の春欄漫 秀吉が愛した醍醐の花見 桜の名刹特別拝観と都をどり 
 

旅行日数:1泊2日
出発日:4月3日
 
秀吉が豪勢な「醍醐の花見」を催したことで知られる桜の名刹・醍醐寺。桜の開花時期は多くの参拝者が訪れますが、このツアーでは開門前の醍醐寺の三宝院内を僧侶のご案内でゆっくりとご覧いただけます。拝観後は、朝粥をお召し上がりください。本ツアーのもうひとつの見どころは京都の春の風物詩「都をどり」。艶やかな着物に身をまとった芸舞妓が、舞や唄を披露します。春の訪れを祝福するかのような華やかな舞台をぜひ、お楽しみください。祇園白川の桜を眺めながら、「祇園みかく」で鉄板焼ステーキのご昼食もお楽しみに。 
 
詳細とお申し込みはこちらから 

 

名刹の桜に夜間拝観、遊覧船で嵐山観光、海の京都まで。春のまるごと京都3日間

 
 
名刹の桜に夜間拝観、遊覧船で嵐山観光、海の京都まで。春のまるごと京都3日間 
 

旅行日数 2泊3日
出発日 3月30日~4月5日(一部除外日あり)
 
天橋立から京都を観光し、京都の桜の名所である平安神宮神苑や醍醐寺を巡ります。清水寺参道での京料理のご夕食、嵐山を流れる大堰川を遊覧船からお花見、東寺の夜間拝観など、3日間で春の京都をまるごとお楽しみいただけるツアーです。 
 
詳細とお申し込みはこちらから 

 

桜ほころぶ春の嵐山の自然をゆったり満喫。嵯峨野トロッコと保津川下り、天龍寺の桜観賞

 
 
桜ほころぶ春の嵐山の自然をゆったり満喫。嵯峨野トロッコと保津川下り、天龍寺の桜観賞 
 

旅行日数 1泊2日
出発日 4月3・4・6・7・8・9・10日
 
春は桜、秋は紅葉、と毎年多くの人で賑わう京都屈指の観光名所、嵐山。桂川や渡月橋などの、風情ある景色に溶け込んだ美しい桜は、何度訪れても心が癒されます。今回は、ノスタルジックな雰囲気の嵯峨野トロッコ列車にご乗車いただき、トロッコに揺られながらのんびりと車窓から保津川渓谷に彩られた桜をご覧いただけます。また、約16kmの渓谷を熟練の船頭さんによる軽快な船の操舵で下る「保津川下り」は、渓谷の美しい景観とスリルを楽しめる約2時間の船旅です。 
 
詳細とお申し込みはこちらから 

 
 

京都の代表的な庭園をプロの解説で。京都御所「近衛邸の糸桜」と洛北の名庭めぐり

 
 
京都の代表的な庭園をプロの解説で。京都御所「近衛邸の糸桜」と洛北の名庭めぐり
 

旅行日数 日帰り
出発日 3月26日
 
京都の魅力を「庭園」というキーワードでたどってみませんか。京都の歴史・文化・芸術に精通した京都在住の専門講師とともに、京都の庭園の世界に一歩足を踏み入れて、庭園に秘められた教えや思いを感じに出かけましょう! また、京都に春を呼ぶ花々も一緒にご堪能ください。 
 
詳細とお申し込みはこちらから 

 
 

「祇園さゝ木」の京懐石、通常非公開の建仁寺塔頭「正伝永源院」貸し切り特別拝観とお抹茶拝復

 
 
「祇園さゝ木」の京懐石、通常非公開の建仁寺塔頭「正伝永源院」貸し切り特別拝観とお抹茶拝復 
 

旅行日数 : 1泊2日
出発日 : 4月11日・14日
 
桜が美しい建仁寺の塔頭「正伝永源院」は、通常は非公開で拝観を行っておりません。今回は特別にお寺を貸し切り、ゆっくりと桜やお庭、寺宝をご観賞いただけるツアーをご用意しました。お寺の副住職であり、織田信長の実弟織田長益(有楽斎)に始まる茶道の流派のひとつ、有楽流(うらくりゅう)お家元も務める真神 啓仁(まがみ けいにん)氏から寺宝や襖絵を直接ご紹介いただき、お抹茶の席も設けられた貴重な機会です。また、大原野の桜や、満開の桜のトンネルが圧巻の背割堤といった、京都屈指の人気を誇るお花見スポットへもご案内いたします。そしてお食事は、京都でもっとも予約が取りにくいお店のひとつ、「祇園さゝ木」のお席を予約しました。お店までは、桜の名所としても知られる風情ある「ねねの道」エリアを通ってご案内いたします。
 
詳細とお申し込みはこちらから 

logoキャプチャ

「京都トレジャー」誕生の背景

1200年にわたり人をひきつけてやまない古都の魅力は桜や紅葉の季節だけではありません。歴史はもとより伝統産業やカルチャー、グルメなど次々生まれる新しいトレンド。毎年、渾身の取材で「京都」を発信し続ける『婦人画報』が、京都の知られざる奥深い魅力を発掘し、長年、丁寧に培ってきた京都人とのネットワークを駆使しながら、ほかでは真似することのできない京都の旅を監修します。旅行商品は月替わりでご提供。季節限定、その日限定、ツアー限定のプレミアムな体験をお届けします。

 

 

「京都トレジャー」の名前の由来について。

京都の宝探し、という意味合いに加え、「京都」+「トレイン」+「レジャー」をかけたダブルミーニング。

何度訪れても新しい魅力にあふれる京都旅をご提案します。

RECOMMEND

こちらもおすすめ