いいバーには必ずある? 国内初! 京都発のクラフトジン蒸溜所『季の美 京都ドライジン』

クラフトビール、サードウエーブコーヒーなど、小規模生産で素材や製法にこだわる”クラフト系”の作り手が増えている京都に、2016年、国内初となるクラフトジン専門の蒸溜所が誕生しました。本場イギリスと日本の匠がタッグを組んで手がけるジンの名は、『季の美 京都ドライジン(以下、季の美)』。伏見の名水と玉露、柚子など、京都らしいユニークな素材を用いることで、和のエッセンスが香る製品に仕上がり、発売早々イギリスの酒類専門誌『ザ・スピリッツ・ビジネス』が選ぶ「2016年 最も革新的な商品」の一位を獲得。世界からも熱い注目を集めています。

 
この商品の誕生秘話を尋ねて、通常は非公開という蒸溜所の内部へ。おすすめの味わい方も教えていただきました。
 

集合写真_yoko

 

_Y9A2819_yoko

蒸溜後の香りを入念にチェックするヘッドディスティラーのアレックス・デービスさん。
イギリスの著名ジン蒸溜所を経て、新天地・京都へ。

 
 

正に職人技!「和の香り」を引き出す日英の匠たち

ジンとはベースとなるスピリッツに、名前の由来である「ジュニパーベリー」を含む多彩な植物(ボタニカル)を加えて再蒸溜することで、個性的なフレーバーを生み出す蒸留酒のこと。『季の美』を手がける京都蒸溜所は、「京都らしい土地の味がするクラフトジンを造りたい」という、イギリス出身の創業者デービッド・クロールさんの想いから、ドライジンの本場・イギリスと日本のジン造りのエキスパートが集まり、2016年に京都市南エリアに誕生しました。
 
彼らが特にこだわったのは、「日本の風土や四季」を鮮烈に感じさせるための素材づかいと独自製法。ベースには米から造るライス・スピリッツ、ブレンド水にはやわらかな伏見の伏流水を使用。ボタニカルには京都産の柚子や山椒、生姜、赤しそ、玉露、笹の葉、ヒノキチップを含む11種類を厳選しています。通常はこれらを一度に蒸溜しますが、ここでは特性ごとに6つのグループに分け、個別に蒸溜した後にブレンド。これにより、見事各素材の繊細な和の風味を際立たせることに成功しました。
 

_Y9A2792_yoko

ドイツ製の銅製スチル(蒸溜釜)を配した京都蒸溜所。京都で初めてスピリッツの製造免許を獲得した。

 

_Y9A2888_yoko

シックな墨色にブロンズを重ねたパッケージも美しい。豊かな実りを感じさせる文様は、
唐紙工房「KIRA KARACHO」による監修。手摺りの唐紙が元になっている。

 

_Y9A2870_yoko

創業者のデービッド・クロールさん。
「千年の歴史とクラフトマンシップが息づきながらも、常に進化を続ける京都こそ、
新しいチャレンジにぴったりの土地だと感じました」。

 

_Y9A2895_yoko

素材の個性を引き出すめ、11種類のボタニカルは特性別に
「シトラス(柑)」「ハーバル(凛)」などの6グループに分けられ、個別に蒸溜されている。

 

_Y9A2874_yoko

左はテクニカル・アドバイザーの大西正巳さん。日本を代表するウイスキーメーカーで、
長年工場長やブレンダー室長を務めてきた日本の匠のひとり。

 
 

和食とのペアリングもOK! 『季の美』の自由な味わい方

『季の美』のおすすめの味わい方を、テクニカル・アドバイザーの大西正巳さんに伺いました。「まずは、二大定番カクテルのジントニックとマティーニでお試しください」と大西さん。どちらも瑞々しい柚子、スパイシーな山椒のアロマが際立ち、爽やかな清涼感が楽しめるそう。和酒のように水割りやお湯割りにして、食中酒として楽しむのもおすすめとのことです。

 
また、ハイアットリージェンシー京都の「Touzanバー」、四条木屋町「レスカモトゥールバー」では、『季の美』を使ったオリジナルカクテルを楽しめるそう。一流のバーテンダーたちは、どのように和の風味を活かしているのでしょうか? こちらにもぜひご注目ください。
 

 
◆『季の美 京都ドライジン』5,000円(700ml、 アルコール度数 45%、税抜き)
※購入は京都大丸百貨店、JR京都駅伊勢丹、高島屋京都店の和洋酒売場で可能。
 

_Y9A2914_tate

「季の美」をトニックウォーターで割ったジントニック。カクテルが少し白濁して見えるのは、
「ボタニカルをフレッシュな生のまま用いている『季の美』だからこそ」と大西さん。

 

ロック_yoko

オンザロックはキリリとした口当たりが心地よく、食前酒にもぴったり。
「山椒の粉をパラリとふりかけると、清々しい香りを際立ちます」。
ホームページではカクテルレシピが掲載されているのでぜひ参考に。

 
 

■京都蒸溜所(きょうとじょうりゅうしょ)
◎公式HPはこちら

撮影=高嶋克郎 取材・文=山口紀子

RECOMMEND

こちらもおすすめ