• 一月

    大寒

    24 JANUARY, 2017 TUE

    友引 / 旧暦:12月27日
    七十二候:第70候 款冬華
    候の解説:春を告げる山菜、蕗の花が雪から顔を出す。

    曇時々雪

    5℃/ -

    • 一月の解説「睦月」
      旧暦の新年は「立春」」に近い新月の日から始まります。古来、お正月は先祖の霊を迎える行事でしたが、次第に年神が訪れる日に。睦月の名は、正月に一家が睦み合うことに由来するという説があります。
    • 季節の解説 節気「大寒」
      一年で最も寒さが厳しい時季。武道の「寒稽古」もこのころ。気温が低く雑菌が少ないため、味噌や酒などの仕込みにも適します。極寒のもと、香気を放つ水仙や寒椿が咲き始め、春の兆しを感じさせます。
  • 一月

    大寒

    25 JANUARY, 2017 WED

    先負 / 旧暦:12月28日
    七十二候:第71候 水沢腹堅
    候の解説:沢の水に、厚い氷が張る。最低気温の記録も聞かれるころ。

    曇時々晴

    7℃/ -

    • 一月の解説「睦月」
      旧暦の新年は「立春」」に近い新月の日から始まります。古来、お正月は先祖の霊を迎える行事でしたが、次第に年神が訪れる日に。睦月の名は、正月に一家が睦み合うことに由来するという説があります。
    • 季節の解説 節気「大寒」
      一年で最も寒さが厳しい時季。武道の「寒稽古」もこのころ。気温が低く雑菌が少ないため、味噌や酒などの仕込みにも適します。極寒のもと、香気を放つ水仙や寒椿が咲き始め、春の兆しを感じさせます。

「千本鳥居のあの空間の雰囲気が好きで、若い頃はよく行っていたんです」と、風吹さん。

撮影/蛭子真、ヘア&メイク/かりこみともみ、スタイリング/堀井香苗、『婦人画報』2013年3月号掲載

1月中頃から3月頃まで、約50品種・約1,500本の梅が咲き競う梅の名所、北野天満宮。梅を愛した菅原道真公を祀っているため、様々な種類の花を拝見することができます。

撮影/中田 昭

例年、約50万人の参拝客が訪れるという吉田神社の節分祭。写真は2月3日の夜に行われる「火炉祭」。火焔が天に沖するとき、人々が心待ちにする春が訪れる(=立春)と言い伝えられています。

撮影/中田昭

2月3日に千本釈迦堂で行われる「おかめ節分祭」では、茂山千五郎家による古式・鬼追いの儀の奉納が。

撮影/中田昭

  • 小豆粥で新春を祝う会(〜1/31)(〜1/31)/東林院
  • 不断念仏・六時礼賛会(〜1/25)/百萬遍知恩寺

祇園祭

日本三大祭の一つ 7月1日~31日開催

五山送り火

夏の夜空を彩る風物詩 8月16日 開催

時代祭

京に広がる時代絵巻 10月22日 開催

風雅な王朝行列、「葵祭」が今年も開催されます

毎年5月15日開催

PAGETOP

RECOMMEND

こちらもおすすめ