京都人のひとりごと

浦沢 美奈 さんのひとりごと一覧

    夏の光に花とガラスが心地よく映えます。ブルーの器はプーゼ寺町二条本店の二軒北隣、二葉家具さんで購入しました。

      涼しげな籠に花をあしらったらお菓子をいただきます。お皿は30年程前に天神さんの市で買ったと思います。

        セルリアとゼラニウムの葉をあわせて活けました。蒸し暑さに負けないような涼しげなしつらえで京都の夏をしのごうと思っています。

          京都・吉田山荘 カフェ真古館さんで花の写真教室を開催いたします。今回は前日にアトリエプーゼでドライフラワーのブーケをつくり、当日は花専門誌でご活躍のカメラマン山本正樹先生をお迎えして撮り方を学びます。初めての方でもお気軽にご参加くださいませ...

            グラジオラスに我が家の中庭の雑草を合わせて飴色のガラス器に活けました。器は西川孝次さんの作品です。京都寺町通押小路のギャラリー直向(ひたむき)さんで7月11日まで個展を開催されています。http://www.hitamuki.com/

              紫陽花のドライフラワーづくり一週間目です。しっかり乾いたらこちらのピッチャーに入れるつもりです。夷川通御幸町西入のUmwelt(ウンベルト)さんで購入しました。北欧アンティークのセレクトが素敵でちょくちょく寄っています。

                寺町の商店街にも祇園祭の話が飛び交う時期になりました。籠にガラスの器を置いて紫陽花と山帰来をあしらいました。隣の芸艸堂さんへ回覧板を持って行ったときに夏らしさに思わず購入した手ぬぐいを合わせました。

                  オダマキと利休草をたっぷりと活けました。器は永松仁美さんのアンティークショップ「昂-KYOTO-」さんで一目惚れしたピッチャーです。何かしらの花や草木が入っていない日が無い程使い込んでいます。

                    カップ咲きのばら「オータムルージュ」は、茎のしなやかさを生かして活けるのが好きです。寺町二条にある丁子屋さんの移転前のお店で購入したスペインの骨董のつぼに。

                      くろゆりと黒種草のブーケです。器は哲学の道の近くにある「アンティークストリュフ鹿ヶ谷」さんで購入したものです。こちらの品揃えが好きで買い付けから帰られたときにはワクワクしながら伺います。

                      RECOMMEND

                      こちらもおすすめ