京都人のひとりごと

きょうとあす編集部さんのひとりごと一覧

    【きょうの京】 きりりと冷え澄み渡った冬の朝、法然院を訪れると白砂壇には梅の花が描かれていました。立春ももうすぐそこだよと、耳元でささやかれたようでした。(法然院)

      【リーガロイヤルホテル京都 いちごすい~つ「いちごいちえ」】 今日は小正月の15日。15(いちご)といえば、昨年初開催されて大好評だったスイーツイベント、「いちごすい~つ『いちごいちえ』」が、今年もリーガロイヤルホテル京都にて開催されます。...

        【対談イベント「森見登美彦氏、京都国立博物館で語る」開催】 山本周五郎賞受賞の『夜は短し歩けよ乙女』をはじめ、京都を舞台にした作品を多数発表している人気小説家、森見登美彦さんのトークイベント「森見登美彦氏、京都国立博物館で語る」が、2月3日...

          【きょうの京】 寒空の下、商売繁盛祈願に訪れる参拝者で賑わう京都ゑびす神社。全国にえびす神社は数多くありますが、こちらでは京都の十日ゑびすの期間にしかない縁起物「人気大寄せ」があります。赤い傘に金や白の人形をぶら下げたもので、人をたくさん呼...

            【御即位30年 御成婚60年記念 特別展「国民とともに歩まれた平成の30年」】  新しく迎えた平成31年は、天皇陛下の御即位30年と天皇、皇后両陛下の御成婚60年にあたります。国民の安寧を祈り、市井の人々に寄り添い、海外との親善に尽くされつ...

              あけましておめでとうございます。   皆様はどんな平成最後のお正月を過ごされていますでしょうか。これからも古き良き京都のあれこれや、日々新しく変わる風景をお届けします。きょうとあすを本年もどうぞよろしくお願いいたします。(写真は下鴨神社の干...

                【きょうの京】 お正月を迎える準備はお済でしょうか。京の台所・錦市場では、鏡餅や丸餅、おせち用の総菜、白みそなど、お正月に欠かせない食材がずらりと並び、師走の色を一層濃くしています。

                  【きょうの京】 東寺では1年最後の縁日「終い弘法」が行われています。骨董品や手作り品に加えて、正月飾りやお節料理に使う食材を扱う店など約1250軒の露店が立ち並び、暖かな日差しの中で多くの人が歳末の買い物を楽しんでいます。

                    【”植村義次”の逸品を受け継ぐ「洲濱×COFFEE すはま屋」】  浅煎りの大豆の粉と砂糖、水飴を練り合わせた和菓子で、むっちりとした食感が心地よく、噛むほどにやさしい甘さと大豆の風味が広がる「洲濱(すはま)」。その専門店として知られた16...

                      【”植村義次”の逸品を受け継ぐ「洲濱×COFFEE すはま屋」】 浅煎りの大豆の粉と砂糖、水飴を練り合わせた和菓子で、むっちりとした食感が心地よく、噛むほどにやさしい甘さと大豆の風味が広がる「洲濱(すはま)」。その専門店として知られた165...

                      RECOMMEND

                      こちらもおすすめ