今西善也

鍵善良房代表取締役社長

今西善也さんのひとりごと

おすすめ一覧へ

江戸時代からつづく菓匠「鍵善良房」当代主人。祇園に立つ店舗から菓子づくりを通して感じられる四季折々のこと、そして八坂神社氏子組「宮本組」の一員として、祇園祭をはじめとした京都の行事の詳細を教えてくださいます。

24日の還幸祭が終わり、今年の...

Kyoto

24日の還幸祭が終わり、今年の祇園祭もあと神輿洗いを残してほぼ終わり。大雨で始まったお祭りも、ほぼ快晴の酷暑の中のお祭りでした。24日の花傘巡行は暑さで中止になりましたが、その他の神事行事は通常通り行われ、大きな事故もなかったことは参加者、関係者の大きな努力があってのことでしょう。
さて。17日の朝から長刀鉾のお稚児さんのお世話して、暑い中山鉾巡行に付き添い、午後から宮本組のお世話で一緒に神輿の行列に付き添っていた配膳さん、ありがとね。また来年も元気によろしく

プロフィール

今西善也

鍵善良房代表取締役社長

今西善也

おすすめ一覧へ

1972年、京都生まれ。「菊寿糖」をはじめ、季節感に富んだ和菓子を作り続ける江戸享保年間創業の老舗「鍵善良房」を継ぐ。

PAGETOP

記事URL

京都人のひとりごとをチェック

SEARCH